しゃべらない営業の基本スタイル


しゃべらない営業渡瀬謙先生の本です
私は、しゃべらない営業を読み営業の遣り方
変わりました、

しゃべらない営業とは、サイレントセールストレーナー
と言います、サイレントセールスはしゃべる営業です

渡瀬謙先生は人と合いコミュニケーションを取る事
苦手でした、できるだけしゃべらない営業を
考えてました、3回合う所を2回の訪問に出来ないか

営業トークを短く出来ないか
その用な事ばかり考えていたと言います

ダウンロード (17).jpg

従来の営業方法は、立て板に水の用に営業マンは
お客様にしゃべらせずに契約取ったものです
しかし今はその営業方法は通じなくなってきてます
営業方法も時代により変わってきているのです

しゃべらない営業と言いますが営業マンは
しゃべらないと契約は取れません、どう言う事かと言いますと
お客様の不要な事は一切しゃべらないと言う事です

しゃべらない営業と言うのはどう言う事かと
いいますとお客様話の聞き役になるという事です
営業マンは聞き役70%しゃべり30%
これ位で調度良いです
posted by 飛び込み営業 at | 営業手法ライバルに差をつける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

断り文句の切り替えし/お客様のノーに対抗する営業トーク


断り文句の切り替えしに対してですが
人は説得される事を嫌うものです
営業マンはお客様の心理を考え上手な
トークを組み立て無いといけません

セールスは断られた時から始まると言いますが
営業マンはお客様からの断り文句の切り替えしを
いくつか持っていないといけません

お客様のノーには3つのパターンが有ります
1>その商品全く欲しく無い
2>営業マンに説得されたく無い
3>購入する気は有るが他社と駆け引きがしたい


同じノーでも営業マンはお客様の態度や表情を見て
見抜かないといけません

ダウンロード (1).jpg

良く読まれてますありがとうございます
断り文句切り辺しの6か条営業マンが覚えて置いて欲しい事



私も30年間飛び込み営業をしています
大体の事が分かります
本当は欲しいしかしもう少し値引き出来る
お客様も色々考えます
その場合は、言葉のニアンスも違ってきます
この感覚は私の記事を読んだり本で勉強しても
中々分からないと思います

断り文句の切り替えしが知りたいのなら
実際にお客様との商談を多く取って下さい
自分で体験しないと分からないのです

右斜め下
断り文句切り替えしヒント

posted by 飛び込み営業 at | 営業トークの応用編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る
FX取り扱い業者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。